医薬品・バイオ技術・提携・契約
ビジネスモデル・コンサルティング・講演
医薬ライセンス研究所




アムロジン訴訟で和解

  - 2006年8月29日  license

(2005/10/25 Cultureに関連記事あり)

朝日、毎日、薬事日報等の記事によると、「住友化学と大日本住友製薬は共同発表(2006/8/21)し、大日本住友製薬が製造・販売するアムロジンのライセンスをめぐり、ファイザー社による仮処分申請(2005/9)に端を発し、日英両国にて双方提訴の訴訟となっていた件で、和解したと発表した。」なかなか判決が公開されないので、或いは?と思ってはいたが、判決文の中身(裁判所の判断の内容)に期待していたものとしては少し残念な結末ではある。

[全文を読む]


最低限のルール

  - 2006年8月21日  license

締結済みの契約書に関連した「修正のための覚書草案」を見たときの話である。当の締結済み契約書名と締結日時が記載されていない。覚書でreferする契約書を指して、「甲と乙が締結した契約書に付いて」とだけ書けばその契約書を特定出来るのは、草案を起案した作者だけである。また、ある時は、契約書締結後の重要な修正覚書がreferされていない。良く調べずに、重要な修正覚書をreferせずにその内容と矛盾した修正覚書を締結してしまえば、後日大きな問題が起こるのは明白である。

[全文を読む]




 

Copyright(C)2005 有限会社 医薬ライセンス研究所 All Rihgts Reserved.