医薬品・バイオ技術・提携・契約
ビジネスモデル・コンサルティング・講演
医薬ライセンス研究所




ライセンス契約書の経済条件(交渉中の対処法は?)

  - 2007年2月4日  license

最近見聞きした案件のうち、ライセンス経済条件関連の案件に関して幾つかの例を取り上げてみよう。何れも、現在交渉中との想定である。

1.Floor Price:米国企業からの導入契約書で、「特許ノウハウroyaltyとは別に、製品購入価格はNet Salesの15%である。Licensorから、Floor Price = $100/ampouleを要求されている」

2.Minimum Sales:欧州Licensorからの半独占的実施許諾であるが、Minimum Salesを要求されている。

3.特許失効後のroyaltyの設定:欧州企業からの導入品で特許失効後の支払いロイヤルティに変更(減額)規定がない。

4.ノウハウroyaltyの期間:米国企業に導出した。発売後10年のノウハウroyaltyを要求した。新適応症又は新剤型追加毎に発売後10年のノウハウroyaltyを要求出来るか?

5.Royalty Audit:米国企業への導出案件。1) Sub-licenseeへのLicensorによるauditは要求出来るか? 2) 出来ないとすれば、その対応策は? 3) Licenseeへのauditで10%以上の誤差で費用のLicesee負担を規定されている。

[全文を読む]




 

Copyright(C)2005 有限会社 医薬ライセンス研究所 All Rihgts Reserved.