医薬品・バイオ技術・提携・契約
ビジネスモデル・コンサルティング・講演
医薬ライセンス研究所




信頼関係、情報開示と医薬ライセンス

  - 2010年7月10日  最近の出来事と医薬ライセンス

FIFA World Cupも7/11(南ア時間)には優勝国(オランダかスペインか?)が決定し、同じ日7/11、日本では注目の参議院議員選挙投開票が行われる。前回のコラム記事を桜の頃に書いたが、この処、如何にも多忙にて自然の移ろいも見忘れる程であった。国内外のBio-Venture、医薬品関連企業、公的機関の皆様からの日々のご相談には心から感謝申し上げたい。気付いて見たら狭い庭の満開のバラも終わり、今は、庭には白い沙羅(夏椿)、花壇には紅の花手鞠、橙・黄・赤色の松葉ボタンが眩しい。こう暑ければ小さな池の睡蓮も間もなく開花する。

OKADA JAPANが海外開催で初めてBest16に入った最大勝因は、団結力であったとの論評が多い。頷ける話である。片や優勝経験国のイタリアやフランスがなんと予選敗退したのも内紛のせいだとの記事もある。チーム内個人同士の競争もあるだろう、互いの対抗心もあるだろう。その上で、団結してチームとしての目標に向かった志の高さは見上げたものである。

[全文を読む]




 

Copyright(C)2005 有限会社 医薬ライセンス研究所 All Rihgts Reserved.