医薬品・バイオ技術・提携・契約
ビジネスモデル・コンサルティング・講演
医薬ライセンス研究所




エネルギー問題とライセンス方針

  - 2012年5月14日  最近の出来事と医薬ライセンス

最近(2012/5/6)茨城県つくば市や栃木県真岡市などで竜巻が発生し大きな被害が生じた。日本の竜巻は、21世紀になりその数が多くなっている様に思える。このところ、春秋がなくなり、今年も、桜こそ咲いたが冬から急に夏になり、最近は四季の移ろいがなくなったと感じている人も多かろう。理由は定かではないが、これまでになかった春台風の様な嵐や日本型竜巻やタイの洪水や米国の強烈なハリケーンや昨夏の中国での積雪を見ていると二酸化炭素濃度の上昇が原因かと思ったりもする。だからといって二酸化炭素排出量の少ない原子力発電が火力発電より安くて安全かというととんでもない。今回の原発放射能漏れ事故であり、燃えかす処理の見通しもないままにやりっ放しで稼働していた原発の恐ろしさはこれも又先が見えないだけに火力発電よりも更に恐ろしい。その原発も、先日(2012/5/5)の北海道電力泊原発3号機定期検査のための停止で国内原発50基全てが停止した。これまで一般には余り知られていなかった日頃からの現地への多額の補助金がTVで普通に放映されている。停止しても維持管理に膨大な経費が掛かるところが原発の怖さでもある。

[全文を読む]




 

Copyright(C)2005 有限会社 医薬ライセンス研究所 All Rihgts Reserved.