ブログカテゴリ:ブランドイメージ



医薬ライセンス · 2006/08/29
(2005/10/25 Cultureに関連記事あり) 朝日、毎日、薬事日報等の記事によると、「住友化学と大日本住友製薬は共同発表(2006/8/21)し、大日本住友製薬が製造・販売するアムロジンのライセンスをめぐり、ファイザー社による仮処分申請(2005/9)に端を発し、日英両国にて双方提訴の訴訟となっていた件で、和解したと発表した。」なかなか判決が公開されないので、或いは?と思ってはいたが、判決文の中身(裁判所の判断の内容)に期待していたものとしては少し残念な結末ではある。 和解内容は、ファイザー社、大日本住友および住友化学は、日本および英国で提起した全ての訴訟を取り下げ、ファイザー社(Pfizer Ltd., Pfizer Corp.の2社)と大日本住友製薬は、アムロジンに関して旧住友製薬が有していたものと同一の権利・義務を規定した新しいライセンス契約を締結する、ファイザー社と大日本住友製薬および住友化学の間には、「本件和解に伴う和解金等の金銭の授受はない」というものである。 大日本住友によると、新しいライセンス契約は、ファイザー社との間で、大日本住友の発足時に遡り、締結し