ブログカテゴリ:技術提携



医薬ライセンス · 2006/07/17
(1)FRR(First Refusal Right) & Option Right 今話題の国連決議やサミットの共同声明では、時として、国内向けと国外向けで異なった解釈が(玉虫色解釈)されることがある。これは、合意出来ないものに合意した様に見せかけるための苦肉の策でも有ろう。国内向けと国外向けでは異なった解釈が出来るような曖昧な文章が有効なのである。一方、契約書では、提携をすることにより両者のパイが大きくなることは、双方合意の見解であり、必ず両者共が満足出来る解が有ることは明瞭であるので、玉虫色の条文は望ましくはないのである。 ライセンス契約で使用される言葉で、定義するまでもない世界共通の用語だと思っていたら、両者間で全く異なった意味を持つ言葉だったりするものもある。Co-promotionの意味合いなどがその例であろう。一方、ライセンス担当の方々みんなの解釈は概ね一致しているが、よく聞いてみたら正確には答えられなかったり、類似の他の用語と意味を取り違えていたりするのが、FRR(First Refusal Right、第一拒否権)とOption Right(選択権)である。
医薬ライセンス · 2006/01/09
Alliance Management 一般にライセンス部門(研究所を含む)が担当する役割には、大きく分けて3種類ある。第1番目は、探索評価である。特に導入の場合には、他社技術や製品の探索と評価を行う。科学的技術的評価、特許及び市場性の評価がある。これがうまく機能しないと欲しい製品の導入で他社に先を越されたり、不必要な製品を導入してしまったりする。第2番目は、交渉及び契約締結である。ライセンスと言えばこの第2番目の仕事が中心となることが多い。第3番目は、契約締結後の推進管理業務である。 第2番目の仕事が巧くいかないと、不利な経済条件で製品や技術の導入・導出をしたり、契約後5年も10年も経ってから、思いもよらない災難が降りかかってくることになる。