· 

人材スカウト/ライセンシング要員

最近やたらと電話やメールが来る。相手は人材スカウト会社である。Domesticあり、International有りである。特に、外資の日本担当ライセンス責任者の必要が大きいようである。

 

良く聞いてみると、医薬ライセンスって何か全くご存じないスカウトの方が多い。

 

ライセンスって何かを知らずに探すのだから大変である。頼む方も頼む方で、人事担当者がライセンスって何かを知らずに、人材スカウト会社に依頼しているのである。製薬企業の社長さん!こんな現実を知っていますか?

 

ところで、理想のライセンス要員の能力、素質って何だろうか?

 

医薬品企業のライセンス業務は、導出、導入である。そのために必須の能力には、製品・技術を探索して評価するための

  • 薬学的・科学的知識
  • 知的財産権(特許、ノウハウ、商標等)に関する知識
  • 医薬品研究・市場動向に関する知識
  • 研究・開発・申請・薬価・販売に関する知識
  • 社内研究・開発・販売体制に関する知識

が必要である。

 

更に、導出・導入を達成するためには、相手と交渉し契約を締結しなければならない。 

即ち、

  • Communication能力(有る程度の語学能力も必要)
  • 交渉力
  • 契約書・法律に関する知識
  • 文章を書き、解読する能力

が必要となる。

 

では、この様な能力を、どの様な仕事の中で活用するのであろうか? 他にもっと重要なことはないのであろうか? 次回は、もっと切り口を変えて、考えてみよう。